何よりも準備をおろそかにしてはいけません

やっと売買する時という場合では、何よりも準備をおろそかにしてはいけません。仕事 辞めたい アフィリエイト

取引を始める前であれば、相場を理性的に調べる事ができるゆとりがあります。

しかし、ひとたび市場の中に深入りすると、どう試みても捉え方が独りよがりになる事が多く冷静な見方ができなくなるリスクを負います。

そのために自分自身の頭が落ち着いている場面で、適切に準備をしておくことが大切なのだ。

この”j事前準備”のためには、始めに自分だけのストーリー展開を考える事からスタートする。

今からの為替相場は上がる(または下がる)から、ランドを売る(あるいは買う)みたいな、自分のストーリー展開を考えていきます。

その次は為替チャートをチェックする事です。

これまでのマーケットの推移を見極めて、今の値段をチェックします。

そうすれば、「今日はひどく偏った水準になっているな」とか、もしくは「もう大多数の投資家がエントリーしているから今から売り(または買い)してもなすすべがない」などと見えてきます。

言うまでも無く今さら取引するのが遅すぎるなと思ったならば手を出さないで、この状況では割り切ることが重要です。

どう試みても自分自身の筋書きを押し通そうとして諦めずにトレードすると相場に押し返されてそればかりか為替差損を受けることになる危険性があります。

とは言うもののたいがいの場面で、準備が整った自分自身の筋書きを考えていると売買が遅すぎるという具合にはならないでしょう。

本格的にマーケットが変動する前の状況のはずだからです。

その次に当面はあなた自身がエントリーしようとしている通貨ペアの変動を、じっくりと確認する事が不可欠です。

もし、ドル高になるだろうというシナリオを書いたのであればドルの動きに注目しておくことだ。

外国為替相場の推移を確認し始めた場面では、まだまだ該当の外貨は明確に上下動する気配を見せないで、上がったり下がったり小さな上下動をしているだけでしょう。

しかし、その推移をしっかりとチェックしているとある場面で少しずつ、ドル高へと為替相場が変化し始めます。

この場面でようやく、ドル円の新規注文を出すのだ。

通常は、緻密に計画をしておけば、その売り買いで勝てる確率は割合高くなります。

コンテンツメニュー

    Link