名義変更後に車とともに手放すのが一般的です

自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険、通称自賠責保険とよばれる保険になります。海遊館やレゴランド大阪の周辺駐車場情報

このような自賠責保険は別名、強制保険とも言われていて自動車を定期車検に出す場合はその期間内に効力のある自賠責保険に加入していなければなりません。

言い換えれば、すべての自動車に加入義務のある保険ということです。

それではクルマが自賠責保険に加入したまま売却したケースではどうなるでしょうか。

自動車損害賠償責任保険は車検のときに更新になる場合が多数存在しますが仮に自動車損害賠償責任保険に入ったままの自動車を売った際は、払った金額が返金されるという事例は全然ありません。

というのも、自賠責保険の効力をなくしてオーナーにシフトすることはやや手間がかかるのです。

そのため強制保険の場合は名義変更後に車とともに手放すのが一般的です。

しかしながら、その代わりの価格を代金に乗っけてくれます。

強制保険は自動車税と違って、支払い済みの保険額を月単位で割った額が返ってくるやり方ではなく見積額に乗せるといったような方法をとるケースが通常ではありますが、これが見積票に掲載されることはほぼありません。

ですので、車買取のときは強制保険(自賠責保険)の額が売却額に反映されているかを確認したほうがいいでしょう。

あなたが払った額がどの程度かということを把握しておけば見逃すことはないです。

その自賠責保険の加入保険料というのは期間により違うため注意が必要です。

自動車の処分の際には自賠責の名義変更をしなければなりません。

この作業を忘れていたら、保険の提供元からあなた宛てに保険期限の満了の知らせが来てしまいます。

あなたの車がほんの少しでも高額で手放せることを応援したいと考えています。

コンテンツメニュー

    Link