www.zerogravityathletics.net

車の事故は自分だけで起こした事故と他人を巻き込む車での事故がございます。自分だけで起こした事故の状況では、自身だけで対応をすれば終わりますが他者を巻き込んだ事故はお互いにどれくらい誤りが存在したのかを調査して、それによりマイカーの修復費や示談のお金等が決定されるので、自動車の保険会社の人を交えながらの調整が必要不可欠です。普通の自動車事故状況で各々に多少の損失がある状態が普通で片方の過失だという場合はほとんどないようです。もちろん信号を無視してしまったり一旦停止無視のような違反があって起こった事故ならかなりの過失なりますが被害者側にも責任があると指摘されます。事故の状況では誰の手落ちが原因かというのがとてもポイントにされるのでそれをみんなに分かりやすく表した基準が《過失割合》なのです。ひとつの例として、先ほど述べた信号無視や一時停止でもそのまま進んだ場合では法であれば事故を起こした人に全部の過失があると思えますが事故の原因になった自動車が前から来ていて目で見て確かめられた場合だったとしたら自動車の事故の被害者でも注意が足りないと判断され10%ほどのミスが認められるかもしれません。その状況では事故を起こした人が9割事故に巻き込まれた自分が1割過失割合となってしまい数値が大きな側に落ち度が問われたりします。もっといえば事故の割合前の自動車事故の判例を参考にして決められる場合が多数あり、日弁連交通事故相談センターから発表されている基準表のようなものが基準として使われています。この過失割合の、割り当てが大きいほど落ち度つまり損害賠償額も大きくなってしまうので、事故に関する交渉は本人同士だけでなく自動車の保険屋さんの係りの方を交え冷静に調整することが大切です。

コンテンツメニュー